売却できる資産は不必要なら売却して返済に充てる


借金返済にあたり、生活に差し支えがない範囲で資産を整理し、それを売却した金額を返済額に充てるという方法があります。自己破産の手続きを行った場合は、生活に必要なものを除いて、現在価格が20万円を超える資産は原則として処分されてしまいます。

しかし、自己破産をする前に今持っている土地や車などの資産を売却して返済に充ててしまえば、残りの返済額も利息も当然減るのです。それまでの暮らしができなくなるのは仕方がないことですが、それでも返済額が減るというのは精神的に楽になれることですし、借金がなくなれば取り戻すこともできるかもしれないのです。

どのようにして資産を整理していけばいいのかも、素人の知識では限界があるので、やはり専門的な知識を持つ弁護士や司法書士と相談しながら返済の道を見つけていくのが最良でしょう。

生活の様式ががらりと変わってしまうことにストレスを感じるのは当然ですが、多額の借金がのしかかっている状況より、少しだけ暮らしのスタイルを変化させる方がずっと気持ちは軽いはずです。

カテゴリー: 債務を整理していく   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります