過払い金がないかを弁護士や司法書士と確認する


銀行などではなく、民間の金融業者には「悪徳」とつくものがよくいます。
法律改正前に、法律の網の目をくぐって高い金利を設定し、いつまでも消費者に高額な返済を迫るような業者です。しかし、こういった被害が多かったため現在ではその時に払わされた高い利息を返してもらうことができるようになっています。

もちろんすべての場合で過払い金が戻るわけではなく、借入期間が五年以上で金利が18パーセントを超える人の場合は過払い金発生の確率が高いといわれています。弁護士や司法書士に相談する時は、過払い金が発生していないかどうかを確認しておくといいでしょう。

上に挙げた例以外でも、過去に遡ったら過払い金が発生していた、ということもあるので、詳しい契約書などがある場合は見てもらい、計算してもらうといいですね。契約書や取引履歴をなくしてしまった場合でも、相談してみるといいでしょう。

無料相談は何度でもできますし、可能であればいくつかの事務所を回ってみて、一番いいと思ったところにお願いするのがいいでしょう。

カテゴリー: 債務を整理していく   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

他にもこんな関連記事があります